薬剤師であっても50代での転職は難しいことを自覚しよう

ドラッグストアでは50代の人は採用が難しくなっています

薬剤師 転職 50代 / 60歳以上可の薬剤師求人検索結果

薬剤師については就職先が拡大傾向にあるドラッグストアでは50代の人は採用が難しくなっています転職を実行する前に状況を判断することはとても大切

しかし、ドラッグストアでは50代の人は採用が難しくなっていますが、その現状については広く知られていないでしょう。
ドラッグストアでは医療機関から配布される処方箋の医薬品を配合する業務も担っていますが、それ以外に市販されている医薬品についての説明などの業務も兼務しています。
これは薬局でも同じですが、ドラッグストアは薬局以上に医薬品ではない商品を多く扱っているので、その割合から考えても他の商品についての対応が多くなる場合もあります。
この時に店舗側が考えるのは来客対応に適した人材を雇用したいということであり、ここで年齢が関係してしまいます。
コンビニエンスストアやスーパーで若年層の店員が多いのは、来客者が接しやすくすることで配慮しているからであり、これが50代のような年齢の人物であると少し遠慮してしまうでしょう。
それはどうしても来客者の方が年下になるケースが多くなっているからであり、その人が女性であればまだ接しやすいという側面があるので店舗側も雇用を前向きに考えてくれますが、男性であると難色を示すこともあります。
ドラッグストアでは薬剤師の場合は基本的には医薬品に関する説明や処方が主な業務ですが、それ以外の食料品や日用品の方が商品数が多くなっていて、来客者もそちらの方を求める場合がほとんどです。
店舗側も分業制を採用しているので医薬品以外の商品の対応やレジ処理などは一般従事者が行うように配慮していますが、そのような従業員の手が足りなくなれば薬剤師にも業務を担って欲しいと考えるでしょう。