薬剤師であっても50代での転職は難しいことを自覚しよう

薬剤師については就職先が拡大傾向にある

薬剤師については就職先が拡大傾向にあるドラッグストアでは50代の人は採用が難しくなっています転職を実行する前に状況を判断することはとても大切

薬剤師は薬科大学で必要なカリキュラムを行った後に国家試験に合格しなければ所持することができない資格であり、医師や看護師と共に医療機関では法律の規定に従って在籍が求められています。
医薬品というのは高い効能を持っているものも多く、専門の資格を所持していれば使用することも可能になりますが、医療機関では医師の処方箋がなければ扱うことができないため、自由に使えるというわけではありません。
そのような理由から医療現場ではなく他の職業への転職を希望する人もいますが、そこには医療機関とは違う待遇があると認識しなければ困窮してしまうでしょう。
転職をする場合には最初に考えるのが医療機関や薬局ですが、このような現場は医療機関であれば医師や看護師であれば常に人材不足が顕著になっているので就職はそれほど難しくありませんが、これが薬剤師になると話が変わっています。
それは医療機関ではそれほど多くの人材を必要としておらず、空きがあるとすぐに補充要因が集まるので就職先が見つからないというのが現在の状態です。
薬局は元から離職率が高くない上に縁故によって人選を補充するケースが多くなっていて、そのような知り合いがいなければ就職するのは簡単ではありません。
これは離職率が低いので人選については厳しくなってしまうからであり、無関係である人は慎重になってしまうことも要因の一つになっています。
ただし、実際には薬剤師については就職先が拡大傾向にあると言っていいでしょう。
それはドラッグストアの新規出店が相次いでいて、医薬品を販売している店舗が拡大しているからです。
ここでは医療機関のように高い性能を持っている医薬品を扱っているわけではありませんが、法律で配置しなければいけなくなっているので現在の転職先では最大の候補になっています。

☆女性薬剤師の年収☆
女性薬剤師は、子育てでブランクがあっても、復帰して管理薬剤師や薬局長になれば年収650万くらいはもらえます。

キャリアによっては50代で1000万円以上になることもあります。

自分のライフプランに合う働き方は、自分から掴み取るものです。

— 薬剤師転職の秘密 (@yakuzaishipoint) April 16, 2020